依頼主も周囲の人も安心の工事を

【解体工事が与える影響】
建築物を解体する解体工事は、トラブルの原因になってしまうことは素人の方でも用意に想像できるでしょう。まず、解体をするためには重機や作業員が何度も往復する事になります。実際に作業を始めれば、騒音や振動が発生し、大量の粉塵が舞うこともあります。小さな建物ならまだしも、通常の戸建住宅くらいになりますと周囲への影響は避けられません。これらを完全に無くすことは不可能ですが、努力次第ではトラブルの発生を防ぐ事ができます。専門家でなくてもできることはありますので、依頼主の方も解体工事によるトラブルの回避に努めてください。

【まずは挨拶から始めましょう】
最も簡単にできる近隣トラブルの回避方法が、挨拶です。解体工事を始める前には、近隣の家々へ挨拶を行うようにしましょう。挨拶は解体工事業者も行いますが、依頼主も挨拶に伺うようにしますとより丁寧でしょう。その際は、協力のお願いや解体工事期間などをまとめたあいさつ文を用意しておくとより効果的です。必須ではありませんが、粗品なども用意しておくと理解も深まるでしょう。ただし、それでもクレームが入ってしまう事はあります。そのような場合は、解体工事業者に対応をお任せするのも良いでしょう。工事に対する知識はもちろん、クレーム対応の知識と経験も豊富に持っているのです。

【事故が発生してしまったら……】
解体工事業者は、周囲に被害が広がらないように細心の注意を払って作業してくれます。しかし、それでも100パーセント事故が起こらないとは限りません。そのような時も、解体工事業者に任せましょう。基本的に解体工事業者は賠償保険に入っていますので、解体工事によって周囲を損傷してしまっても補償が受けられるようになっています。中には弁償しないまま連絡を絶ってしまう業者もありますが、大半の業者は万が一のアクシデントにも備えています。解体工事で素人の方ができることは限られていますが、まずは挨拶の方法だけでも覚えておいて損は無いでしょう。

Comments are closed.