解体工事の種類

解体工事の種類

解体工事に複数の種類の工事が存在し、その解体工事の種類により必要とされる技術や手順も違っていきます。解体工事の種類を知っておくことでどのような作業が必要なのか?が明確になりますので、紹介したいと思います。解体工事を行なう時には様々な手続きや許可が必要になりますので、内容を知ったからといって解体工事を自分で行なうことがおすすめできませんので注意して下さい。

家屋解体工事

我々が解体工事と聞いてイメージするのはこの種類でしょう。この解体工事は建物をすべて取り壊す作業です。建物には木造の物や鉄筋性の物など様々な種類がありますが。それぞれ適切な方法で解体工事を行なうことで綺麗に取り壊すことができます。また、解体工事で出た残骸は産業廃棄物扱いになりますので、適切な方法で処理する必要があります。中には解体工事だけ行い残骸の処分は産業廃棄物処理の専門業者に依頼するというパターンも存在するようです。また、建物の高さや大きさによって必要な資格や手続きが変わってくるので、事前に確認しておくことも大切です。

内装解体

店舗やテナントを中身だけを解体する作業の事です。この種類の解体工事を行った時には骨組みだけしか残らないのでスケルトン解体工事とも呼ばれることがあります。内装の解体工事は大型の重機で一気に取り壊すことが出来ませんし、骨組みを傷つけないような繊細な作業が必要になります。
また、スケルトン解体工事を行うことで新しい店舗に改装することが出来るようになります。

Comments are closed.