防音シートが役に立ちます

シートに覆われた住宅

住宅街を散歩していると、どこかの住宅がシートに覆われているところを見かけたことはあるのではないでしょうか? 住宅街でも住宅が解体されることはよくあるので、見かけたことがある方は多いのではないかと思います。
そもそも、何故シートに覆われているのかといいますと、解体工事というのは、たくさんの破片が辺りに飛び散ってしまうので、道路や隣の家の敷地に破片が飛び散ることがないよう、シートが張られているのです。これを養生シートというのですが、養生シートにも色んな種類があります。

防音シート

これは、その名のとおり、解体工事で発する音を周囲に漏れるのを防ぐ為に張られるシートになり、別名「遮音シート」と呼ばれることもあります。住宅が密集した地域ではよく活用されるので、住宅街ではよくこの防音シートが張られたりしています。防音シートはその質量が重ければ重いほど、防音性能は高くなっていきます。ですので、解体工事を行う際は、厚みがあって、密度が高い防音シートを使うのが望ましいとされています。

専門業者にご確認

住宅街で解体工事を行うと、住民同士とのトラブルも起こりやすくなっています。住民同士のトラブルをなるべく起きないようにする為にも、防音シートが重要となってきます。もし、今後解体工事を依頼される予定がありましたら、まずは専門業者に防音シートを張ってくれるかどうか、キチンとご確認されることをオススメいたします。

Comments are closed.