Archive for 6月, 2015

内装解体工事について

水曜日, 6月 24th, 2015

リフォームの時に必要です

皆さんは解体工事というと何を想像しますか?ショベルカーなどを敷地内に入れて、建物を全部崩していくような光景を思い浮かべる方が多いでしょう。
しかし、最近はそうした解体工事より、もっと小規模な工事が多くなっています。
内装解体工事と呼ばれる解体工事は、リフォームの際に内装、つまり壁や床、柱などを解体する作業のことを指します。

手作業によります

内装解体工事は、建物の一部分のみ解体を行うので、大規模な解体工事のように重機を入れる必要がありません。
その為、狭小地に建つ家では解体工事ではなく、内装解体工事を行うことで建物のリニューアルを図ります。
特に、再建築不可の土地においては、いったん建物を解体してしまうと、二度と家を建てることは出来ないので、内装解体工事による内装リフォームにより家を徹底的に使用することが必要となるため、需要が高まっています。

出るゴミも少ない

内装解体工事は、建物のごく一部分のみに行う解体工事なので、ゴミの出る量が少ないのが特徴です。また、工期が短いので必然的に費用も安くなります。
建物の状態をよく見た上で、建て替えよりも内装リフォームで十分という場合には、内装解体工事を行って、内装リフォームを行う方が工期、費用の面で有利な場合もあります。

もちろん、内装解体工事を行う業者によって費用はまちまちです。事前に内装解体工事に対応できる業者を幾つか選んで、纏めて内装解体工事の見積もりを取って比較することをオススメします。

解体工事の注意点

月曜日, 6月 8th, 2015

解体工事の注意点

使わなくなった建物を取り壊す時は解体工事が必要です。しかし、解体工事を行うには様々な注意点があります。注意点を守らないと解体工事中に事故がおこ売る危険性も高くなりますし、近隣の方とトラブルが起こり解体工事が円滑に進行しなくなる可能性もあります。解体工事を行う時は注意点を守り安全な作業を行うことが大切です。

廃棄物の処理方法

建物を取り壊す解体工事をした時に、建物に使われていた鉄筋やコンクリートなど様々な廃棄物が発生します。このような廃棄物は種類により廃棄方法が指定されているため、適切な処理を行う必要があります。また、廃棄物の種類は細かく分けられているので、廃棄物に対する知識も必要になります。適当に分別して破棄してしまうと、バツを受けなければいけない可能性もあるので、注意しましょう。

近隣の方にも配慮が必要です

解体工事を行う際は現場で事故が起こらないように様々な配慮がなされています。近隣の方への配慮も重要な事です。解体工事を行っている時には大きな騒音がなりますので、事前にお知らせをしておかないと近所の方はびっくりしてしまいますし、クレームがでるど作業をストップしなければいけない可能性があります。会社の信頼を得るためにも工事の納期は守りたいので、作業をストップさせるのはできるだけ避けたいとことでしょう。解体工事を行う前には事前に近隣の方にお知らせしておく必要があります。また、解体工事を行う際は砂埃や塵が飛ばされるので、防塵ネット貼るなどの対策が必要な場合もあります。