Archive for the ‘未分類’ Category

解体工事でトラブルを防ぐ

月曜日, 3月 21st, 2016

解体工事の特徴
その他の建築工事などと比べると解体工事は特殊な印象が強いものです。およそあらゆる建物が上部に作り上げることを目的としているのに対して、解体工事はそれらをいかに効率的に取り壊すかに重点が置かれます。動作の流れも下から上に建築していくのではなく、基本的に上から下へと解体工事は進み、建築工事では最後に必要な建物以外のものは残りませんが、解体工事の後には不要になった建材が大量に残ることになります。こうした特徴から、解体工事ではそれに合わせた特有の注意点があるのです。
解体工事の依頼
解体工事で行われる作業や、その際に発生する影響は実に様々です。ですから、解体工事を業者に依頼する時には依頼する作業内容についてきちんと確認することが大切です。解体工事の作業の中には地中の基礎を掘り出すこともあるかもしれませんし、近隣に飛散する破片を防ぐ対策が必要になこともあります。それらの作業を包括的に依頼できる業者か、自分で何かしらの対応をしなければいけないのか、はたまた解体工事中の状況について逐一確認がとれる業者なのか、そうしたことに注意してしっかりと業者選びを行うことが解体工事で問題を抱えないための大事な手順になるのです。
トラブルを防ぐ。
解体工事で発生するトラブルは大きく分けて二種類です。一つは工事の仕上がりや金銭について自分が納得できない状況、もう一つは近隣への迷惑や廃材の不法投棄などで他者に問題が及ぶことです。これらを解消するには業者との打合せや見積りの確認などを丁寧に行うのが有効な対策です。中にはすべての作業を下請けに依頼する業者もあるので、事前によく話をすることでそうした点も確認することが可能です。解体工事は作業後の土地に価値にも関わるものですから、信頼できる工事を依頼できる業者を納得いくまで探したいものです。

内装の解体工事とは

木曜日, 2月 18th, 2016

内装の解体工事とは
解体工事とは建物を取り壊す作業のことをいいます。閉店したスーパーマーケットなどのお店をパワーショベルなどの重機を用いてどんどん取り壊している光景を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。しかし、解体工事は建物すべてを取り壊すだけが解体工事の内容ではなく、建物の中の内装だけを取り除くことだけでも可能なのが解体工事です。内装の解体工事についてみていきましょう。
内装の解体工事の良い点
内装の解体工事とはどのようなときに行われているのでしょうか。スーパーマーケットなどのお店が時折改装工事をするために一旦店を閉めたあと、新装開店をしたときにお店のなかだけガラリと変わっていて、外見はほとんど変わっていないということがよくあります。この改装工事を行う前に実は内装の解体工事が行われています。内装の解体工事の良い点は建物を残すことができるということです。建物をまるごと取り壊して、一から新しく建物を作るよりも、内装の解体工事をして内装だけを新しくして方が費用が安く抑えられます。
内装の解体工事をお家でも
内装の解体工事はお家でも行うことができます。適しているのはリフォームを行うときです。リフォームをする際に内装の解体工事を行なって、お家の見た目はそのまま残して、お家の中をまったく違った姿へ作り変えることができます。お家だけでなく貸し店舗や貸しオフィスの引き払いなど、幅広い用途に内装の解体工事は対応します。

確認をしましょう

火曜日, 1月 19th, 2016

解体工事を依頼する
解体工事をする場合、確認することが多くあります。頻繁にすることのない解体工事は、一般的に家を建てるのと同じで一生にあるかないかのことです。相場価格の確認、業者選び、見積もりの確認、近所の対応対策、廃棄処分と処分先の有無、解体工事の書類提出のなど確認が抜けてしまうと後で二度手間になり大変なことになる場合があります。

解体工事は簡単ではありません
対応してくれる業者をみつけてただ依頼をすれば良いというものではありません。上記にあるように確認項目が多くありご近所への配慮が必要になってきます。場合にもよりますが、解体工事中に騒音のトラブルや事故がおこる可能性もあります。事前に解体工事がある旨をご近所へ伝えておく必要があります。そして、建物のオーナーでないと手続きができないこともあります。例えば、電気メーターの撤去や移設を事業所に連絡をして頂くこともそのひとつです。請け負う業者では対応ができない手続きがありますので抜けがないように確認して解体工事を進めていきましょう。

納得のいく解体工事の業者をみつけましょう
相場価格の確認と作業内容の確認をしっかり調べておきましょう。後から思いがけない作業が増えと請求が追加されたなど最近では考えにくいことなのですがご自身でじゅうぶんに気をつける必要があります。伝え忘れてしまって業者の対応が二度手間なり施工期間が長くなってしまう可能性もあります。解体工事の見積もり施工内容、そして完了までの流れをしっかり確認しましょう。

解体工事を依頼しましょう

水曜日, 12月 16th, 2015

建物の寿命
皆さんは建物にも寿命があることを知っていますか?建物の寿命は、木造なのか、鉄筋コンクリートで建てられているのかでも変わってきます。よく、建物の寿命は木造だと30年、マンションだと37年だとかいわれていますが、取り壊したり、建て替えた年数からいわれているものなのです。実際の寿命はもっと長く、メンテナンスは必要ですが、木造でも60年ほど、マンションだと70年近いものであるといわれているのです。
解体工事とは
お店の建物を取り壊している現場を見たことはありませんか?長く使えるといわれている建物ですが、老朽化などの理由から建物を取り壊さなければいけないこともあります。また、閉鎖した店鋪の跡地に別の店鋪を建てるために更地に戻さなければならないこともあります。建物を取り壊す時の工事を、解体工事といいます。解体工事では、パワーショベルなどの重機で建物を壊していきます。解体工事で建物を壊して出てきた廃材は、必要に応じてリサイクルされたり、処分されます。
解体工事を依頼しましょう
建物を取り壊さなければいけない、どうしますか?重機をレンタルしてきて自分で取り壊そうとする人もいるかもしれませんが、解体工事は資格が必要なので、解体工事を行っている業者に依頼しましょう。古い建物には断熱材などとして、有害なアスベストが使われていることもあるので、解体工事を考える際には解体工事を行う業者とよく相談して、解体工事をすることが重要といえます。

新築よりも注意点が多い解体工事

月曜日, 11月 16th, 2015

増える解体工事
最近は建物が解体される件数が新築を上回っているようです。建物には耐用年数という、修繕など補修が必要な年数がどれくらかという目安の年数がありますが、高度成長期から約40年、当時盛んに建てられた建物の多くが、その耐用年数を迎えるようになってきたため、老朽化により解体する、そういう事例が増えてきているのです。

解体工事ただ壊すだけではない
解体工事と聞くと、「ただ壊すだけ」というイメージがあると思いますが、実は解体工事は新築以上に注意点が多い工事でもあります。一つは解体の順序。絶妙なバランスで建っている建物を壊すわけですので、解体工事が進めば進むほど、建物はアンバランスになっていきます。解体方法を間違えるとアンバランスさが一気に崩壊へと繋がり、大きな事故にも成りかねません。

周囲への安全も怠らないように
もう一つは周囲への安全配慮も重要だということです。通常は敷地周囲に防護壁け、解体する建物周りには養生ネットや防音シートなどを設けて、周囲に影響がないような措置を施すものですが、措置が不十分だったり、安全確認を怠ったことによる事故が相次いでいます。防護壁が倒れ通行人を巻き込む事故があったことは皆さんも記憶に新しいところでしょう。また、解体で発生したコンクリートガラや埃が、周辺に建っている住宅に落ちて影響を及ぼしたという事例も少なからずあります。解体工事はある意味、新築よりも注意点の多い大変な工事と言えます。故に解体工事をする際は工事を依頼する業者をよく選ぶ必要があるということです。

防音シートが役に立ちます

金曜日, 10月 23rd, 2015

シートに覆われた住宅

住宅街を散歩していると、どこかの住宅がシートに覆われているところを見かけたことはあるのではないでしょうか? 住宅街でも住宅が解体されることはよくあるので、見かけたことがある方は多いのではないかと思います。
そもそも、何故シートに覆われているのかといいますと、解体工事というのは、たくさんの破片が辺りに飛び散ってしまうので、道路や隣の家の敷地に破片が飛び散ることがないよう、シートが張られているのです。これを養生シートというのですが、養生シートにも色んな種類があります。

防音シート

これは、その名のとおり、解体工事で発する音を周囲に漏れるのを防ぐ為に張られるシートになり、別名「遮音シート」と呼ばれることもあります。住宅が密集した地域ではよく活用されるので、住宅街ではよくこの防音シートが張られたりしています。防音シートはその質量が重ければ重いほど、防音性能は高くなっていきます。ですので、解体工事を行う際は、厚みがあって、密度が高い防音シートを使うのが望ましいとされています。

専門業者にご確認

住宅街で解体工事を行うと、住民同士とのトラブルも起こりやすくなっています。住民同士のトラブルをなるべく起きないようにする為にも、防音シートが重要となってきます。もし、今後解体工事を依頼される予定がありましたら、まずは専門業者に防音シートを張ってくれるかどうか、キチンとご確認されることをオススメいたします。

意外と近い所にある解体工事

木曜日, 10月 8th, 2015

解体工事は身近にあるかもしれません

解体工事と聞くと自分には無縁だと感じてしまう方もいるかもしれませんが、意外と解体工事を利用する機会があるかもしれません。その為、解体工事に関する知識をみにつけておいても損はしないと思います。例えば、解体工事をしたいと思ってもすぐに解体工事に取り掛かる事は出来ません。きちんと許可を取ってから解体工事を行う必要があるのです。解体工事の許可は、申請してから1周間程の期間が必要なので、解体工事の計画を立てる時には、ある程度余裕を持つようにしましょう。

こんな時に利用します

解体工事は、どのような時に利用されているのでしょうか?私達が想像するのは大きなビルの取り壊しや、店仕舞いした店舗の解体工事などではないでしょうか?しかし、解体工事が行われる現場はこれだけではありません。例えば、自分の住んでいた家を売りたいと思った時に、家はいらないけど土地が欲しいと言われた時は解体工事を行って、更地に戻す必要があります。また、家を建て直すときにも一度解体工事を行なう時があります。このように、考えると解体工事は意外と身近な物に感じませんか?

自分で行わないようにしましょう

ただ家を取り壊すだけ、と考えると何だか自分でも解体工事を行える気がしてしまいます。しかし、解体工事はただ取り壊すというだけはないのです。周囲に破片が飛び散らないように養生をする必要がありますし、アスベストが含まれる住宅の場合飛散を防止する作業も必要です。それに一定以上の規模の建築物を解体するにはきちんとした資格が必要になりますので、自分で解体工事を試みるのは辞めておきましょう。

こんな時に利用してみよう

木曜日, 9月 24th, 2015

家の建て替え

今まで住んでいた家を建て替える時には、一度取り壊す必要があるので解体工事を行ないます。この時に建築工事と解体工事を一緒に依頼している方も多いのではないでしょうか?しかし、解体工事を専門分野としている業者さんも沢山あるので、それぞれ得意分野の業者さんに仕事を依頼するという方法もありますよ。また、選ぶ業者によっては、建築工事と解体工事を別々の業者さんに頼んだ場合のほうが費用が安く済む事もあるようです。なので、解体工事と建築工事分けた時の見積りも一度見てみてもいいかと思います。

更地に戻す

今まで家が建っていた土地を更地に戻す時にも解体工事が必要です。せっかく建てた家を何故取り壊すの?と思う方もいるかもしれません?土地を売却する場合、更地のほうが売りやすい場合もあるのです。何故なら土地活用を検討されている方にとっては、建てられているのが邪魔なのです。しかし、購入してから解体工事を行っては、余計に費用が掛かる事にあるので、家が建っている土地を嫌がる場合もあるのです。
土地を売る方からすれば、いつまでも売れない事が一番怖いので、更地なら買い手が見つかると思った場合解体工事を行って、家を取り壊してしまう事もあるようです。

解体工事の注意点

解体工事を行なう時は、いくつか注意点があります。まず、許可無く勝手に解体工事を行えないということです。解体工事は規模により資格が必要になる事もあるので、無闇矢鱈と解体工事を行ってしまっては、法律で罰を受ける可能性もあるので、注意が必要です。また、解体工事を行なう時には、大きな音がなったり、振動が近隣まで響いてしまう事もあります。なので、解体工事を行う前に近隣の方に一報入れておくという事も大切な事なのです。

アスベストが見つかった場合の対処について

水曜日, 9月 9th, 2015

解体工事は、見た目に反して結構デリケートな作業です。日本は元々平地が少なく、狭い平地に多数のビルや住宅が立ち並ぶのが普通です。そんな所で解体工事を行う場合は、まず周辺へ被害を出さないように、建物の構造を正確に把握してから、綿密なスケジュールを建てて解体工事を進めていく必要があります。

その調査の中で、建物の建材としてアスベストが使われていた場合は、どうするのでしょうか?
そのまま解体工事を進める事はできませんので、アスベストの除去を行う必要があります。

アスベストについて

アスベストは、石綿とも言われる天然の物質です。アスベストは、まるで綿のような形に加工することも可能で、温度変化に強く、薬品に触れても溶けたり変質しにくいという特性が注目されて、それ自体が断熱材として使用されたり、他のものと混合されて建材として広く使用されるに至りました。
しかし、これらは後に中皮腫を引き起こす発がん性を持つことが判明し、新たな使用は段階的に停止、これまでに使われていたものについても、代替材料への更新を行いつつ除去されていました。

除去作業の方法について

解体工事を行う際にアスベストが見つかった場合は、まず建物を徹底的に密閉します。アスベストは軽く、気流に乗って流れていってしまうからです。全て密封された建物内でアスベストを排除し、それが終わって初めて、本格的に重機を投入したりして建物の解体工事を行うことが出来るのです。

養生シートの状態が良いかどうか

月曜日, 8月 24th, 2015

解体工事は色々と配慮が必要になります

解体工事は色々と配慮が必要になってきます。
もちろん、この配慮は依頼人側が持つことも大事ですが、
やはり解体工事を行う専門業者側が、どれだけこの配慮を持っているかどうかが一番重要になると思います。
何故なら、解体工事は専門業者が行うことですので、
業者がどれだけ丁寧に解体工事を行ってくれるかが大切になるのです。

養生シート

専門業者がどれだけ解体工事に配慮を持っているか・・・それに関係してくる一つとして養生シートがあります。
養生シートは解体する建物の周りに張られるシートになります。
この養生シートの役割としては、解体中に飛び散った破片が周囲に飛ぶのを防ぐというのがあります。
確かに、解体で発生した破片というのは大変危険な代物になるので、
養生シートはしっかりと張られてなければいけません。
しかし、もしこの養生シートの状態が悪ければどうでしょう?
果たして、本来の役割を備えていると言えるでしょうか?
残念ながら、そうとは言えないのが現状です。
もし、養生シートのあちこちが破けたりしていると、
その破れた隙間から破片が飛び散るといった恐れが考えられます。
その破片が通行人に当たったりする可能性がありますし、
頭に当たれば怪我をさせてしまいます。
目に当たったりすれば、最悪の場合失明させてしまうこともあるかもしれません。

100%全くないとは言えません

今のところ、そのような事例は耳にしていないとはいえ、
100%全くないとは言えないので、この先もそのような事故が起きる可能性があると言っても過言ではないでしょう。
ですので、専門業者に依頼する際は、まず状態がしっかりした養生シートを使っているかどうか、確認するようにしてください。